1. HOME HOME
  2. 新入職員研修の様子

新入職員研修の様子

しましんは地域のお客様に信頼される金融機関となるため、人材の育成・活用に積極的に取り組んでいます。職員の能力向上には万全を期し、自己実現を可能にする教育体制を整えています。
入庫後は、理系・文系出身者の区別なく、すべての職員は同一線上から同時にスタート。
入庫直後の約3週間、本店等にて「新入職員研修」を行い、 社会人として新しい第一歩が始まります。
その後は、配属先にてマンツーマン指導を受けながら、様々な職務を経験し、しましん職員としての姿勢を学びます。

「札勘」研修

お札を扇形に広げて枚数を数える訓練です。
これぞ金融マンの証?! 先輩のように上手にお札が広がるようになるとカッコイイ!
でも、それまでには指がつりそうになるような練習が必要なんです。

札勘研修1 先輩を見習って・・・上手にお札が広がるかな?なかなか難しいなぁ・・・。
札勘研修2 先輩が「札勘」のお手本を見せながら教えてくれます。「指の支点を動かさないように・・・」

オペレーション研修

金融機関には、パソコンとは別に、入出金の事務処理、預金情報等を管理するための専用端末機があります。
操作はパソコンとは違うので、はじめは戸惑うかもしれませんが、とにかく日々勉強です。

端末操作研修1 パソコンには慣れていても、端末操作は全然違うなぁ・・・。
端末操作研修2 伝票と合っているかな…?確認が大切。

電話応対研修

ご存知の通り、ビジネスでの電話応対は大変重要です。学生の頃、家族や友人と掛ける電話と全く違います。
でもみんな初めてですから、心配しなくても大丈夫。研修での練習からスタートです。

電話応対研修1 メモを片手に電話応対の練習。焦らず、ゆっくりと話すのがコツ。
電話応対研修2 緊張するけど、受話器の向こうに笑顔を届けるような気持ちで・・・。

お寺修養研修

入庫から2ヶ月ほど経った6月、島田市内の天徳寺で修養を1日行います。まだ社会に出たばかりの慌しい日常の中、この修養で精神を落ち着かせ気持ちを引き締め、新たなパワーを身に付けます。

お寺修行 天徳寺ご住職が、一人一人の坐禅をみて下さいます。
お寺修行 警策(背中を打つ棒)をいただき気が引き締まります。
お寺修行 日常から離れた静けさの中で、心を鎮めます。
お寺修業 ありがたい励ましの一喝は、痛みよりも温かみを感じるほど。

お茶の淹れ方研修

島田茶業青年団の方に、お茶の淹れ方を伝授して頂きます。茶処ならではの研修です。プロ直伝の技を身に付ければ、業務はもちろん、実生活にも役立ちますね。

お茶の淹れ方研修 お茶を知り尽くしたプロから、絶妙な淹れ方を教わります。
お茶の淹れ方研修 5種のお茶をご用意下さり「利き茶」も体験しました。

カブの乗り方研修

カブは営業の必須アイテム!安全な営業デビューのために、人事担当者によるカブの乗り方研修を行います。

カブの乗り方研修 カブの乗り方を教えます。
カブの乗り方研修 初めはちょっと怖くても研修の終わりにはこの通り上達!